上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日はちょっとした戦術分析を。
負け惜しみとも言います。まあブログタイトルとしてもご覧の有様ですから良いんじゃないスかね。

正直うちのクランってえらい弱いんですけど、個々人の技量はそうでもない気がするんです。
少なくとも上位集団に関しては総合的に十分戦える技術を持っているし、
私を含む一芸集団も要所要所でがっつりキルを取れる技量があると思うんです。多分。

では何故負けるか。チーム戦だからです。
また、必ずしも真正面からの戦いではないからです。

違うゲームの話をするのもアレなんですが、
サドンアタックの私が所属していたクランはそこそこ強かったです。
互いに敵の位置を教え合い、全員がある程度のレベルで戦場を把握して戦っていたはずです。
しかしそれが現状できていない。

最も大きな理由は、ゲームが違う、という点。細かく言うなら、戦場がより複雑であるという点にあります。
比べて頂くとかなりわかりやすいですが、サドンアタックはかなりマップがシンプルです。
対してOP7はかなり複雑です。特定の場所で敵を発見しても、少し動けばどこにでも行けてしまう。
また、OP7は正面から正々堂々と戦える確率が低くなっています。
抑えるべき要所についても、そこを守ろうとするとどうしても複数個所から狙われざるを得ない地形です。
マップの形だけで言えば、比較的キャンプがしづらいマップなのです。
まあ、銃器の反動その他の設定から見ると、キャンプした方が強いんですが。
どのタイミングで動き、どのタイミングで止まって定点守備をするか、
その状況の判断が勝敗を分けるのではないかと考えます。

基本的にうちのクランは各自の状況判断で動いています。
ある程度得意な配置があり、そこに行ったらあとはある程度自由に動く。
一気に攻められると簡単に崩れる、2人以上で確固撃破をしてくださいと言っているような配置です。
毎度毎度一気攻めに悪態をついて、突撃向きのVectorに文句を言っているのでは、
いつまで経ってもある程度のライン以上の敵には勝てないと思います。


まず味方の動きを完全に把握しましょう。
敵の位置を掌握しましょう。
全体でどこが現状死角になっているのか。
どこで敵が発見され、そこからだとどこに移動する可能性があるのか。
死んだあと敵のクランを観察していると、明らかにそういった理論に基づいた行動をしているように見えるクランが多数あります。そして、そういったクランに我々は大概負けています。
私のクランのみに向けた話でもなく、クラン所属のFPSプレイヤーの皆様の参考になればと思って書きました。
勢いのままに書いたものですが、お読みいただければ幸い。
2012.05.16 Wed l Operation7 l COM(1) l top ▲

コメント

獣の様な・・・
426wbS05
獣の様に、野性的に
乱れてる方が大勢いらっしゃいます。
http://E11R0h32.gu-guru.me/E11R0h32/
2012.05.30 Wed l 犬神. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。