上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
多分俺はそれなりを地で行く人生を送るんだろうなぁということ。

それなりに泣いて、
それなりに怒って、
それなりに喜んで、
それなりに笑って。

それなりに辛くて、
それなりに幸せな人生。

他人にとってそれが「華やかな人生」か「惨めな終焉」かは関係ない。

例えばホームレスになったら
日がな一日雀眺めてるだけで幸せな気がするし、
平社員になったら
仕事の合間のコーヒーがやたら美味しくて笑ってる気がするし、
ちょっと偉い地位になったら
部下の成長見て喜んでる気がするし、
万が一社長とかになったら
黒い椅子に座って偉そうにしてる自分に苦笑してそうだし。


大学っていう転換点を前にして、
色々と自分の人生の行先を考えてたら気づいた。

「なんだ、どこ行ってもそれなりに幸せじゃないか」と。

だから大学なんてどうでもいーやーとは言わない。
現実的に考えて高卒では選択肢がえらい狭まるしね。
大学は出たいし、勿論どうせ行くならいいところに行きたい。

でも「いいところ」って何だろう?

就職実績が「いいところ」?
学歴として「いいところ」?
キャンパスの雰囲気が「いいところ」?

結局のところ、それを決めるのは自分なんですよね。
世間でも親でも先生でもない。

人生もそう。
どんな選択も、結局は自分が決めること。
そりゃあ多少なりと運命的なものもあるでしょうが、
自分が選択だと断言できるようなものって自分で決めたことじゃないですか?

だから自分が選択して失敗した理由を他人に押し付ける人は許せない。
誰が何を言ったか知らないけれど、結局決めたのは自分なのだから。

世の中の自分勝手には二種類あると思う。
同じ所は全て自分で決めるところ。
違う所は責任をだれが取るかということ。
自分の人生の選択は自分で選ぶ。その代わり誰にもその責任は負わせない。絶対に。


自分のやりたいようにやる。ただし責任も自分でとる。
でも多分どんな成功をしようと失敗をしようと、なんかそれなりに幸せだと思う。

私の17年という短かった人生の中で見つけ出した暫定の解答がここにある。
まだ解答用紙は手元に残して、まだまだ続く人生の中で少しずつ見直しをしたいと思っている。
2009.06.05 Fri l 独り言 l COM(2) l top ▲

コメント

>774 さん
その場の勢いで書いたような文章なので、
所々よくわからんところもあったとは思います。
価値観は人それぞれだと思いますが、
共感していただけたなら幸いです。

…さて、真面目な話はこれくらいにして、と。


スーパー誰君推理タイムはっじまるよー!

情報1…一人称は「僕」。
情報2…文章にバカっぽさがにじみ出ていない。
情報3…幸せ基準は俺に近い。
情報4…なんか安心している。

以上の情報から導き出せる答えは…ッ!
「これは真ではない」ッ!

真面目な空気をクラッシュ&デストロイ。
2009.06.07 Sun l 503. URL l 編集
君が幸せだと思うならなんでもいいv

僕の価値観とあまりにもずれていたら友達として止めたいとは思うけど、君が思う「幸せ」ってのは、僕の価値観からしても同じように「幸せ」だと思う。

こういうことをブログ通して読むと僕は安心するぜw
2009.06.07 Sun l 774. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。