上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
諸君、私は突撃が大好きだ。
から始まる一連のテンプレはさておき、あんまり守るのは得意じゃないんですよね。私。
基本的に私はいわゆるエイミングがへったくそなので、相手の虚を突かないと勝てません。

守りだと相手の予想外のとこにこもってるくらいしかないんですが、
予想外のところってのはつまり大抵は居ないところであって、
何故大抵居ないかというと何かしらの欠点のある待機ポジションだからなわけで、
つまりは守りで予想外のところに居るのはちょっとした博打なのです。
普通のところで守ってしっかり倒せる技術があればんなとこ居る必要はありません。

しかし攻めならやり方はかなり広がります。
博打じみているという点では守り以上ですが、
相手の防衛線の間をすり抜け、背中を思いっきり叩く方が間違いなく戦績は伸びます。
まあすり抜けられないと蜂の巣ですけど。全身からやや赤いローヤルゼリー垂れ流すことになりますけど。

そんな理由でもって私は突撃をし、ミスッて玉砕、味方に謝罪、後で内戦で断罪。
そういう日々を過ごしているわけです。エイミング鍛えりゃいいのにね。

実際のところホント弾当たらないんです。なんなんでしょうね。
まあでもそんな弱点をカバーするためにバトルライフル持つようにしてます。
当たればある程度こう倒せるっつーことでね。おかげさまで最近はKDRも伸びてきてます。
エイミングのダメな人でも立ち回り次第である程度うまくやれるよ、というモデルケースとしてひとつ。

ただ、どうしたって最後にはエイミングの壁は厳然たるものとして立ちはだかりますので、
あまりそこから逃げ続けるのもまた問題かと思われます。
相手の周囲の空間を撃ち抜くことに長けた猛者たち、一緒に頑張ろう、な。
スポンサーサイト
2011.12.27 Tue l Operation7 l COM(0) l top ▲
というわけで広告も消えたし再びこちらでスタートです。
名前も気分一新っつーことで変えました。したら感覚書。
したらかんかくしょではないです。したらかんおぼえがきです。
そこんとこよろしく。

んじゃあSteelChronicleやってきたのでそれの感想から始めて行きましょうかね。

昨日TLがステクロステクロわめいとるからなんだと思って調べたらほう…ってなって今日やってきました。
パクリ的な視点で見るならモンハンとBBとロスプラ足したようなもんってことで良いんですが、
パクリどうこうはさておいて面白いですよこれ。
剣のモーションがかっこいい。音もしゃきーんって感じで気に入りました。
BBプレイヤーにはジリオスって言うと通じんのかな。多分。
まあともあれ自分の今日の流れに沿って感想をば。

いーあみゅを買って筐体へ。一緒に行った友人はPASMOでプレイ始めました。出来んのかすげえなおい。
まずキャラ選択。はなざーさんはなざーさんアヒョーってなりましたが、
ファーストキャラは男という自らの取り決めによってプレイヤーキャラからはなざーさんは除外。
じょーじさんにしました。ダンディ。
名前はいつもの通り「503」。

とりあえずチュートリアルで動作を覚えます。アスミスアヒョー。
ジャンプが思いのほか低くてびっくりしたり、ショート→ブレイクダウンの流れにへーほーとなりつつ、
ある程度慣らしてチュートリアル終了。
照準の動きがいまいち遅いなぁと思いましたが、感度調整で最大にして良い感じになりました。

オンライン行くぞおらーっつってオンラインへ。最初は突撃しか選べません。
小型のわらわら出てくる雑魚はどうってことないんですが、
中ボスでもないちょっと大きめの敵でも一撃が結構大きい。
むやみにぶち当たれないなーと思いました。
後で剣を使ったときにより強くそう思うことになるんですが。
チャットはやたら飛ばした方がいいと言われていたので、おずおずとチャットを飛ばしつつ敵を一掃。
オレンジ色の弱点をぼこすか撃ちつつ進み進み、最後のボスへ。

なんかでかいワラジムシがお出迎え。是非ともさようならしたい造型です。
最初は顔の部分としっぽ(?)の先にしか弱点がないんですが、
甲羅を延々攻撃し続けると甲羅が壊れてばかでかい弱点が顔を出します。
そこにどらああああああって銃弾とグレを叩き込んで終了。

その後3,4回ほどオンラインプレイをしました。
剣は前述のとおりモーションがカッコ良くて攻撃力も良い感じなので、
是非とも使っていきたい武装ですね。
ただ最後のボス戦では微妙かも。
特になんか怪物くんで似たようなの見たことある気がする、あのヤドカリっぽいの。
あれケツに弱点あるんですけど、バックジャンプしてくるんですよね。
当たると体力7割くらいもってかれます。きちぃ。
剣は道中雑魚をばったばったなぎ倒す方で運用するのが吉かもしれません。

雑魚戦でもボス戦でも、結構回避が役に立ちます。
装甲が薄目(体力0から味方に復活させてもらえるからでしょうかね)なので、
しっかり回避をしていくのといかないのとでは生存率が段違いですね。

ともあれ、対人じゃないと燃えないって人じゃなければかなり楽しめるかと思われます。
気になったのは通信ラグくらいでしょうか。ごくたまにかくかくになるタイミングがありました。
次のエリアへ移動できるようになった時に多かった気がします。
その辺はまあやってみてご自分で判断を。

今回はこんなもんですかね。それではまた。
2011.12.08 Thu l 日常 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。