上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
あ、俺の本書くの忘れてたけどまぁいいか。503です。
先日とらさんに頼んだのがもう届きました。年内の物は年内中にってことですかね。
とりあえず自室の大掃除をしつつリテラルワールド聞いたけどすげぇ良かったです。
今ライブDVD見てます。アツいぜ…!

今REDSTONEの緑鯖でおもむろに花火を大量処分してるので
緑鯖の人で年末に派手に打ち上げたい人は買っていくといいよ!

それではまた。
今年最後の記事がこれかって?まさか。503でした。
スポンサーサイト
2008.12.31 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
はいどうも。俺の本第八回はラブコメ色の強い作品をご紹介。
バカとテストと召喚獣シリーズです。
それではまずは基礎データから。

・バカとテストと召喚獣シリーズ(ファミ通文庫)
第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。著者井上堅二、イラストは葉賀ユイ。
要所要所にバカテストというテストの答えとそれに対する教師のコメントがくすぐりとして使われ、特色を出している。

とりあえずラブコメ色の強い作品です。あとバイオレンス表現も。色々な意味で。
俺は試験召喚戦争の知略を練って実行してるところが好きなんですが、
多分読者の大半の興味はそこじゃないんだろうなぁ…w
ラブかコメかっていうとコメディ色の方が強いかなと思います。
5ページ読めば1個はギャグが入ってるかなってくらいの密度です。

活字的な重みは幾分か薄れてるので、活字嫌いのラブコメ好きな方は是非。
ギャグ分とかラブ分とか要らないからシリアスをくれって人にはお勧めしません。
あー、あと挿絵が色々と危険な時があるので、とりあえず学校では読まない方がいいかも?w

駆け足で第八回までお送りしましたが、如何でしたか?
多分量的な問題で来年もやることになると思いますが、
本の魅力、活字の素敵さをお伝えしていきたいと思います。
己で造り出す疑似現実の形に、あなたも酔いしれてみませんか?
それではまた。今年最後っぽいフラグ立てておきながら明日もやります。たぶん。503でした。


紹介済み冊数…79冊
2008.12.30 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
さぁ始まりました。俺の本第七回。
今回は非日常的要素が最も少ないでお馴染み学校の階段シリーズ。
まずは基礎データをどうぞ。

・学校の階段シリーズ(ファミ通文庫)
第7回えんため大賞優秀賞受賞作。著者櫂末高彰、イラストは甘福あまね。
実写により映画化され、2007年4月28日に東京のシネマート六本木で公開された。同年6月9日に名古屋市のシネマスコーレでも公開された。映画のストーリーは原作1巻がベースだが、キャスティングの都合により主人公が女性になっているなど、主にキャラクターの設定に関してかなりの改変が見られる。

実写映画化という大変珍しいメディア展開をしたラノベです。
まぁ私は映画見てないんですが、改変入ったら…ねぇ?
原作は大好きです。階段レースのシーンは圧巻。
学校の立地を把握して読むと3倍楽しめます。当社比。
とりあえずキャラクターがすごくいきいきしてる作品です。
伏線的なものはそう多くなく、さらりと流し読みしても面白いと思いますよ。

ギブミー非日常って人にはお勧めできません。何しろ非日常分ゼロなので。
逆に非日常要らないって人にはいいかも。何しろ非日常分ゼロなので。大事なことなので(ry
主人公と刈谷先輩の『衝動』が理解できる人がもっともこの作品を楽しめる人かなと思います。

第七回、如何でしたか?
まだまだ紹介していきますぜ。
それでは。503でした。


紹介済み冊数…82冊
2008.12.30 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
さぁ始まりました。俺の本第六回。
今回は本年のこのラノでも作品部門1位を獲得した文学少女シリーズ。
それでは基礎データをどうぞ。

・文学少女シリーズ(ファミ通文庫)
著者は野村美月。イラストは竹岡美穂。現在8巻まで刊行。2008年8月発売の「“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】下」で本編は完結した。このシリーズは実在の文学小説が題材となっており、その小説をなぞるかのように物語が展開したり、登場人物がその小説に強い影響を受けたりしている。物語は基本的に井上心葉の一人称で進むが、その物語の合間には、登場人物の誰かの文章・心情などがその人物の一人称で語られる。

好みが分かれる作品との評を受けることが多いようですが、
本好きな俺としてはなかなかどうして幸せなシリーズです。
アクションとかそういうジャンルとは全く違う、静かに心の奥まで沁みてくる読後感。
ネタバレ回避の為に多くは言いませんが、終わり方は個人的に素晴らしいと思いました。
蛇足と言う人が多いようですが、俺はあれが良いと思うのです。

全体的に単純な面白さがあるわけではないので、活字が苦手な人には向かないかもしれません。
あとメンヘラ嫌いな方にもお勧めできませんかね。うん。
逆に本大好きな人なんかにはお勧めです。あれ?この前も同じことを言ったような気が(ry
ともあれ、ちょっとしんみりしたいときなんかにどうぞ。
どちらかというと読んでいるときよりも読み終えた後に魅力が活きてくる小説ですね。

いかがでしたか?
正直まだ半分も紹介してないので、今後もどんどん紹介していきたいと思います。
それでは。503でした。


紹介済み冊数…73冊
2008.12.30 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
石鹸屋のハイブリッドバディが売り切れてたよ! \(^o^)/
早すぎた配送。503です。

なんちゃらマーケットで出た品々を通販購入する季節になりました。
今回は合計金額が2万を突破する予定なので、お年玉までは買うのを待とうと思ってましたが、
そんなことを考えてた結果がハイブリ売り切れのお知らせ。ナンテコッタイ。
つーわけでとりあえず現在の財産で払えるだけの物をとりま注文しました。
今回のとりま注文は以下の品々。

1.『LITERAL WORLD』(岸田教団&The明星ロケッツ)
今回はロケッツ名義での初オリジナルという事で、岸田的ロックンロールが好きな俺は迷わず購入。
星空ロジックも1月中旬とかに再販するので、そっちの分も余力を残しておかなきゃとか思いつつ。

2.『東方籠奴抄』(迷走ポタージュ)
今も昔もFLASH大好き(見る専)な俺は迷わず(ry
前作は友人に借りて見たので、今回は購入しようかなと。

3.『第3回 東方M-1ぐらんぷり』(いえろ~ぜぶら)
1回と2回をニコなんちゃら動画で見て面白かったので。
今回は動画つきのDVDになってパワーアップらしい。ひゃっほうこいつぁうっはうはだz(ry

4.『石鹸屋&COOL&CREATE&LIVE&DOJO&あまねりお』(石鹸屋&COOL&CREATE)
今年10月にあった石鹸屋とC&CのツーマンライブをDVD化。
ライブに行けない俺としてはありがたい。マジで。


とりあえずこんだけ。でもこれで7000円超えるんだぜ。ヒエエ。
だがしかしまだ買う。何故なら欲しいから。こうして少年はまた一歩ダメタボへの道を進む。
それでは。503でした。
2008.12.29 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲
行ってきます。503です。
参加者3名。カオスな世界を作り出してやる!
2008.12.29 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲
CHAOSとKARAOKEをひっかけた結果がこれだよ。503です。
詳細は以下から。大事っぽいところ太字にしてみた。

29日にちょっくらカラオケ行ってくる。
11:50くらいに俺の最寄駅付近に集合
・カラオケ代は30分60円
・多分2時間くらいやる。
・フリードリンク付けると値段上がるのでドリンク無しで特攻する予定。
開店10分前集合だし大丈夫だとは思うが、万が一JOYじゃなくても泣かない
・CHAOSの名に恥じないくらいカオスにいきます音痴&裏返り上等
・要は上手い下手気にせず叫ぼうぜという趣旨。
・以上の条件で行ける人は当日の10:00までにメールよろ。
参加者リストは締め切り後にちょっぱやで俺が全員に送信します。
・ドリンクなしなので終了後には皆にゴーマルサンタからのど飴のプレゼントが。

以上。誰も来なかったら萎えるか開き直って一人で行くかどっちかすると思う。
突発だしね、来なくても泣かないよ。俺は。うん。
カオスな皆様からのカオスな参戦声明をあんまり期待せずにお待ちしております。
それではまた。503でした。
2008.12.26 Fri l 日常 l COM(0) l top ▲
ド久しぶりですが何事もなかったかのように再開します。俺の本のコーナー。503です。
今日はR.O.Dをご紹介。今までに紹介してきたものと比べると知名度は若干低いかもしれません。
まずは例によって基礎データをどうぞ。

・R.O.Dシリーズ(集英社スーパーダッシュ文庫)
著者は倉田英之。挿絵イラストは羽音たらく。正式タイトルは『R.O.D READ OR DIE YOMIKO READMAN "THE PAPER"』。現在11巻まで刊行されている。
とある都立高校に世界史の産休教師としてやって来た読子・リードマンは、その高校に在学する天才少女小説家、菫川ねねねと出会う。読子の本業は紙を自在に操ることのできる紙使いで、大英図書館特殊工作部所属のエージェント「ザ・ペーパー」であった。一枚の紙を巡る戦いを描いた文系アクション小説。

アニメから入った作品は多いんですが、
アニメオリジナルの話って大概出来が残念なことになるんです。何故か。
でもこの作品は初めてアニメオリジナルの話が良いクオリティでした。
まぁでも今語るのはアニメ版の話ではないのでそっちはさておき…。
『紙を自在に操る』ってどう操るんだよと思った方いらっしゃると思います。
この話での紙の万能っぷりは尋常じゃありません。
どんなもんか気になった方は1巻の最初を50ページくらい読んでみてください。
もうそこからヤバい使い方してますので。

異常なくらい本が好きな方にはもう迷わずお勧めします。主人公に共感すること請け合い。
逆に本嫌いには気持ちがわからないかもしれません。
ただ、紙を自在に操って敵を倒していくアクションシーンはなかなか秀逸。
一見の価値はあると思いますよ?

第五回、如何でしたか?
間があくかもしれませんがご容赦を。それではまた。503でした。


紹介済み冊数…65冊
2008.12.24 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
あ ありのまま 今起こったことを(ry

本の整理が進まないのは宿題のせいだと自分に嘘をつく。
2008.12.23 Tue l 日常 l COM(4) l top ▲
甘さのかけらもない都会
冷たい雨に濡れながら
舌に感じる辛さの味は
ただただ塩味に満ちていた

枯渇しそうなエネルギー
消せない己の志
炭水化物を求めるならば
さぁ叫ぼう 奴らの名を

冷え切ってしまった心を
新陳代謝で融かしてやる
君が泣き止むその日まで
しょっぱいばかりの世界を変える
爆裂多糖類戦隊ブドウトウジャー

血の味しかしない戦場
鉄の苦みを噛み締めて
「仕方無い」なんて言った自分を
甘すぎたと呪ってた

耐え忍んでた辛い日々
飲み込んできた苦い過去
糖分の救いを求めるならば
さぁ叫ぼう 空へと高く

ただ苦いだけの世界じゃ
誰一人幸せになれないから
俺たちは今ここに居るんだ
世界の代わりに甘くなる
爆裂多糖類戦隊ブドウトウジャー

(間奏)

甘さは幸せ 幸せは力
全身駆け巡るグルコース
ミトコンドリアの扉叩いて
動き出すのさ 未来の為に

しょっぱいばかりの世界で
俺たちは甘く在り続ける
君が笑顔になれるその時まで
世界を甘さで笑顔にする
爆裂多糖類戦隊ブドウトウジャー
爆裂多糖類戦隊ブドウトウジャー
2008.12.23 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
さぁ久々の相互リンク追加で御座います。503です。

今回の相手先はひっきーさん。要はウチの副部長。
正式名称が『でぃばいんばすたー』になってるけどあえてひっきーで。

とりあえず彼の特徴をあげてみましょうか。
・ロリコン
・巫女属性
・PC関連に精通
・FPS,ギャルゲ関連にも精通
・当然のように深夜アニメにも精通
・画質と音質の違いがわかる男
…こんなもんかな?

相互したブログの方では、主に彼が買ってきた品々のレビューをしてます。
どれもでかい写真付きで書いてあるので、結構参考になりますヨ。
ギャルゲとかの方は…えーと…うん。


最後に彼の本日の名言を書いて締めますか。

ひっきー「ショタも別に嫌いじゃないよ」

…オチたってことにしたい。503でした。
2008.12.17 Wed l 日常 l COM(6) l top ▲
なんかネット回線速度遅いな最近…。

可能性1…何者かに無線LANから回線パクられてる
可能性2…契約してるプロバイダが回線を絞った
可能性3…深夜にアクセス過多になるサイトばっかり見てる俺が悪い



どう見ても3です。本当にありがとうございました。
2008.12.16 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。考えた末にどれから紹介しても結局全部紹介するんだし関係ねーやという結論に至りました。
そうだね。どうでもいいね。503です。
第四回は狼と香辛料。特殊な一人称に定評があるようですがまぁとにかくまずは基礎データ。

・狼と香辛料シリーズ(電撃文庫)
第12回電撃小説大賞の銀賞受賞作品。著者は支倉凍砂、イラストは文倉十。シリーズ累計発行部数は170万部を超える。賢狼と行商人の道中で起こる様々な事件を、軽妙洒脱な掛け合いも散りばめつつ描く「剣も魔法もない」ファンタジー物語であり、ライトノベル作品としては珍しく、経済史や商取引の世界に踏み込んだ作品としても評価されている。

買って読んでたらいつの間にかアニメ化してた作品。5巻あたりまで出た頃に一気買いしました。
基礎データにも書いてあるとおり、剣と魔法がないファンタジーです。あ、図らずも昨日と真逆だ。
でも面白いんです。掛け合いが良い。言葉遊びみたいなああいう喋り方は大好きです。
あ、これ基礎データに書いてあるね…。
そう!あの、あの、あれ。経済とか商取引が話の主軸にあるラノベってこれくらいですよ!
あ、それも書いてある?そう…か…。
最初の方は『困ったらとりあえず狼化』な感じでちょっと微妙でしたが、
最近はそーでもなくなってきたかなと安心していたりします。

とりあえず言葉遊び的な掛け合いが面白いので、そういうのが好きな方は是非どうぞ。
商取引のところでの情報戦、心理戦もなかなか秀逸ですよ。
ただ、いわゆるアクションシーンは殆どないので、バトルを望む方には向かないかもしれません。

第四回、如何でしたか?
次回も未定です。てきとーに本棚から引っ張り出してきます。
それではまた。503でした。

紹介済み冊数…54冊
2008.12.16 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。うっかり間があきましたが続きますよ。503です。
第三回は「ゼロの使い魔シリーズ」。
まずは例の如く基礎データをどうぞ。

・ゼロの使い魔シリーズ(MF文庫J)
平凡な高校生である主人公がある日突然異世界に召喚されてしまうことから始まる、既刊15巻+外伝2巻のシリーズ。
累計370万部を突破した。著者はヤマグチノボル、イラストは兎塚エイジ。

3番目に買ったラノベです。4番目以降は正直順番覚えてないのでなんとも言えませんが。
確かこの作品までは全部アニメ→原作っていう流れで見てますね。
これを読み終わった時点でアニメなどの事前情報が全くのゼロになったので、
これ以降は己の感覚に任せて選んでます。あぁ、だから買った順番がわからないのか。納得。
一人合点したところで感想。
初のラブコメっぽい作品だったわけですが、最初はちょっと読み進めるか悩んだりしましたね。
俺は別にドMじゃないので、描写に若干ヒいたりしました。
それでも読み続けたのは、本筋のストーリーが面白かったからですかね。やっぱり。
ただのラブコメだったら読むのやめてたと思います。正直。
でも友人とかに聞くと「え?ラブコメだから読むんじゃねーの?」とのこと。
…私のラノベ着眼点はどうやら人とはズレているようです。しかも根本的にorz

言葉責めとか物理責めが好きなドMの皆様にお勧めです。
冗談はさておき。
ラブコメっぽいのが好きな方はどうぞ。
剣と魔法のファンタジーに心が騒ぐ人も是非どうぞ。
ちなみに俺は後者。
逆にラブコメイヤーな人はまわれ右。まぁラブコメ完全拒否だとラノベなんて読めやしませんが。

第三回、如何でしたか?
次回は未定です。なんかやりたいやつからやっていこうと思ってます。
んではさいなら。503でした。

紹介済み冊数…45冊
2008.12.15 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。あなたのそばに活字コーポレーション。503です。
俺の本第二回、「灼眼のシャナシリーズ」です。
まずは基礎データから。

・灼眼のシャナシリーズ(電撃文庫)
著者は高橋弥七郎、イラストはいとうのいぢ。2002年11月から刊行されている。人知れず行われる異世界の住人と異能力者との戦いを背景に、平凡な高校生活を送っていた少年と、異能力者の一人である少女との出逢いを発端とした、日常生活と戦いの日々を描く全16巻+外伝3巻のアクションノベルシリーズ。

俺が人生で2番目に買ったラノベであり、初めて中古で買ったラノベであり、一生中古の本なんて買うもんかと決意させるに至ったラノベでもあります。
今でも割と私的なランク付けは上の方。大きな理由はアクションシーンの描写が好きだから。小説でアクションを書くのって相当難しいはずなんですけど、このシリーズは映画見てるのと変わらないくらい動きが『視える』。文章のカメラワークが秀逸です。「あぁ、こういう書き方できたら良いなぁ」とか思いながらいつも読んでます。
登場人物の成長も見どころの一つ。一人ずつ心の動きを追っていくだけでもかなり楽しめますね。
最近絵面が変わって離れた人が居るという話をちょいちょい聞きます。もったいない…。
個人的には最近特に面白くなってきたなぁと思ってるので今後に期待です。

第一回で紹介したハルヒと比べると読みやすいんじゃないかなと思います。
有名どころ中の有名どころですし、割ととっつきやすい作品なので初ラノベにも良いかも。
先ほども書いたとおり戦闘シーンが素晴らしいので、アクションが好きな人にもお勧め。
欠点らしい欠点は特に思いつきませんが、強いて言うなら途中で絵面が変化するので最初と最新刊の絵を見た上で購入した方が後々絶望しなくて済むかもしれません。
絵で選ぶタイプの人でなければ全く問題なし。是非どうぞ。
あ、あとこれを読むと刀剣が好きになるかもしれません。


第二回、如何だったでしょうか。
次回は「ゼロの使い魔」を予定しています。お楽しみに。
それではまた。503でした。

紹介済み冊数…28冊
2008.12.11 Thu l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。今日から始まるブックレボリューション。503です。
自室の本棚を整理するついでに、手持ちの本を紹介形式にまとめてみようと思います。
今日は涼宮ハルヒシリーズ。
まずは基礎データからどうぞ。

・涼宮ハルヒシリーズ(角川スニーカー文庫)
第8回スニーカー大賞受賞作『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まる全9巻(現時点)、シリーズ累計500万部を突破した大人気ライトノベルシリーズ。2003年6月から刊行されている。著者は谷川流。イラストはいとうのいぢ。
女子高生のヒロイン、涼宮ハルヒが、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に設立したクラブ「SOS団」のメンバーを中心に展開する、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」。

基礎データとしてはこんな感じ。
俺が一番最初に買ったラノベがこれです。当時高校入学直後。
「中学卒業まではラノベ買わない」という己への約束をきっちり守りました。頑張ったな俺。
まぁ卒業の次の日くらいにに電車乗って買いに行った記憶があります。
(当時自宅近くの本屋ではラノベを取り扱っていなかったので)
買った直後はそりゃもう面白かったですよ。今は他作品の面白さに埋もれてる感がありますけど。
10番目の「驚愕」が延期になってもう1年経つんですが、いったいどうしたんでしょう。
分裂が中途半端で止まってるので気になります。凄く。
「ネタが枯れた」と言う人が多いですが俺としては今後に期待したい作品です。
1年間新刊が出てないので無効になったみたいですが、
今年の『このライトノベルがすごい』でもかなりの票数あったみたいですし。

全般に日常っぽさと非日常っぽさの比率が凄くラノベ的(半々くらい)な上、
文体もラノベ的な文体(無駄に遠回しな表現)なので、
ラノベらしいラノベが読みたい方なんかは是非どうぞ。
ただ、いわゆるオタク文化的なワードなんかがぽんぽん出てくるので、
そういうのが嫌いな人はまわれ右推奨。


俺の本第一回、如何でしたか?
次回は「灼眼のシャナ」を予定しています。お楽しみにー。
それではまた。503でした。

紹介済み冊数…9冊
2008.12.10 Wed l 日常 l COM(5) l top ▲
俺のターン!ドロー!俺は手札からブログネタカード「洗車おじさん」を発動!
どうも。503です。

先日。関東某駅前にて。
学校へと向かう俺がまず気づいたのはでかい音楽。
まぁここまでならさ、
「若さゆえの過ちを犯したニイチャンがでかい音楽をカーステレオでかけてた」
だけで済むんですよ。
でも車の影からおっさんが出てきたんです。地味なトレーナー着たおっさんが。
コサックダンスで。しかも微妙に音楽とずれてる。
________
 │車│おっさん
   ̄ ̄   │      おっさん、おもむろに車側面へ移動。
   ←――┘
そして側面に身体を預け、コサックダンス続行。音楽とずれまくり。
ここで音楽が変わる。どうやらラジオだったようだ。
♪ミュージックアワー(BUMP OF CHICKEN)
おっさん、車の後ろに戻って車をバンバン叩いている。ドラムのつもりなのだろうがずれている。
そして再び側面でコサックダンス。その後くるっと回って窓を拭く。
更に前面へと回って車バンバン。
といったところでバスが到着。誰もが含み笑いを浮かべる中バスへと乗り込んだのであった。

あまりの奇行に駅前ロータリーの人々を釘付けにした彼。
あの後彼の姿を見た者は居ないという…。
また、彼の車のナンバーからレンタカーであることがのちに判明し、
洗車おじさんの意図はますます謎に包まれることとなる。

ちなみに50年後、何者かの発案により、
『シンクロナイズド洗車』なる競技がオリンピック公式種目になるのだが、
それはまた別のお話。

「僕のターン!ドロー!キイロスズメバチで相手プレイヤーにダイレクトアタック!」
「甘い!リバースカードオープン!B細胞の策略!こいつは抗原を含む攻撃全てのダメージを0にすることができる!これで次のターン、俺の発光兵器ホタルイカーでお前は終わりだ!」
「残念だが…そのカードが伏せられていることも僕の計算済みさ!」
「何だとッ!」
「リバースカードオープン!アナフィラキシーショック!このカードは抗原を含む攻撃全てに対して免疫効果が発動した場合にのみ、ライフポイントを500ポイント支払って場にある免疫カードの枚数×1000ポイント、攻撃力をアップし、その効果を無効にする!」
「くっ…!何故キラーT細胞もない、マクロファージや好中球ばかりの雑魚デッキに…ッ」
「お前は…毎日地道に働き続けてるこいつらの凄さを知らなかった…それだけのことさ…。」

…どうしようオチがない。503でした。
2008.12.08 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲
外笑顔 心の中は 猛吹雪

この季節 赤と緑は バッドカラー

クリスマス ひとりぼっちで スゴシマス

雪風や 独り身どもが 妄想(ゆめ)の跡
2008.12.07 Sun l l COM(0) l top ▲
どうも。予防接種行ってきただけ。503です。

朝方家族そろってインフルエンザの予防接種に行ってきました。
俺は流石にもう注射を恐れる年齢じゃないので特に何もないだろうなと思ってたんです。
打った。以上。くらいなもんだと思ってたんですよ。

問診票を書き、簡単な健康チェックを受け、さぁ注射のお時間。
夏にはしかの予防接種をしていたので、注射の一瞬の痛みへの恐怖もなく。
別に大したことないよn…
ぷす
あれ?地味に痛くね?
「液入れるとき居たいですけど我慢してくださいねー」
いやそれ普通刺す前に言うだrっていってえぇぇぇぇ
…声は出なかったが最近のインフルエンザウィルスは痛い。
あと何か打った後の出血量が凄い。従来の3倍(当社比)くらい出てました。
といっても所詮は注射なのでそこまでじゃないんですが、まぁ注射にしては出てたな、と。

注射した後は家帰ってのんびりPCやってました。
ニコニコはつい見過ぎてしまうのが怖いぜ。

きっと明日からテストの返却が始まるわけですが。
今回は親に見せられる点数だといいなぁと遠い目をしつつ言ってみるテスト。不合格。残念。

それではまた。
「いたいのいたいのあつまれー♪」「に゛ゃああぁぁおおぉぉぉううぅぅぅ!!!!」
503でした。
2008.12.07 Sun l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。中途半端な時間にティンと来て書いてます503です。
つっても書くことないんですけどね。何してんだ俺。

テストも終わったので溜まったWebラジオを消費しております。全力で。
電車の中で百面相。集まる周囲の視線。こんなシチュエーションに最近慣れた俺が怖い。

さてあと2分ですヨ。今日は数学なんですが、恐らくテストの解き直しです。いやぁ気が楽だ。
何故って?宿題が無いからサ…。

さてあと1分。あー何話そうか。と言ってるうちに時間です。行ってきます。
それではまた。リアル志向でやってみました。503でした。
2008.12.06 Sat l 日常 l COM(0) l top ▲
ああ…色々な意味でな…。傷心。合掌。
どうも。クリスマスが嬉しくないお年頃。503です。

テスト終了。俺は解放された…ッ!(期間中もブログ書いてた奴が何を言うか)
とまぁそんなわけで、予告してた通り貯めてたネタを大放出だぜ!

…のつもりだったんですが、ついうっかりゲームやり過ぎてこんな時間に。寝なければ…w
なのでちまこいネタ1個書いて終わりにしておきます。

テスト期間でも本が読みたい俺。
そんなわけで新刊買いました。色々。
狂乱家族日記とバカテスの最新刊とか。
まぁでも今回の目玉はこっち。
とらドラ買いました。
興味を持ったのはアニメを見たから…ではなく、
某氏(本人が希望すると思うので名前は伏せてあります)のように『盛るぜ〈ry』を見たからでもなく、
ウチの学校では天才で通っている少年Aが読んでたらしいという話を、
名前の最初に「ま」がついて最後に「と」がつき、真ん中が「こ」の奴に聞いたからです。
ただ、それだけで衝動買いするんじゃ馬鹿みたいなので、本文5ページほどを読んでから買いました。
結論から言えば面白かったです。ドS発言にさえ適応できれば多分問題なし。
俺の場合はドS発言をネット某所のラジオで死ぬほど聴いてるし、
そもそもそれの耐性が無ければ『ゼロのなにがし』とか読めないので。
「ツンデレは年々デレが減ってきてるけどこれは読者のニーズに応えてこうなってんのかなぁ」
とか考えつつぴろぴろと読んでおります。
「デレの希少価値がツンデレの価値だ」という意見が多いみたいですが俺にはようわかりません。
ちなみに、今回は金が無かった上に最後まで買うかどうかわからなかったので、
数冊ずつちまちま買うことにしています。まぁ結局今月の小遣い使い果たしましたがね。

さて、買った本を勇敢にもテスト直前に読んでたわけですが、一つわかったことがあります。


『テスト5分前に新刊を読むと点数が上がる』


マジです。どこぞの雑誌の裏表紙裏に載ってる奇跡の石くらい胡散臭いですがマジです。
効果が出るのは俺だけなのかもしれませんが。多分俺だけです。どーだうらやましーだr(ry

冗談はさておき。
とりあえず今までのアニメ化したラノベを見ていると、
アニメが面白いかどうかに関係なく原作は面白いような気がします。
まぁ面白みのない作品をアニメ化したりしないだろうから当然と言えば当然ですが…。
映画とかだと原作ツマンネなパターンが結構あるので、
映画化→原作買い→アァァァァウトォォォォゥ!!!なことによくなります。
(ちなみに俺はそういう理由から映画化した作品の原作を安易に買わないようにしてます)
でもラノベについてはハズレがない。あくまで主観ですが。
買うものに迷ったらアニメ化してるやつをぱらぱらめくってみるのもいいかもしれません。
有名どころをあえて避けるのもアリだと思いますけどね。


それではまた。
うわもう23時だ酔った親父降臨するうわやべぇ逃げる。503でした。
2008.12.05 Fri l 日常 l COM(7) l top ▲
よしOK。テンションマックス。気合入った。音速で駆け抜けてくる。おやすみ。
2008.12.04 Thu l 日常 l COM(0) l top ▲
※強制バトン※

見た人強制!今逃げようと思った人!これから「チキン野郎」と呼ばれる事を覚悟しなさい。

ブログのタイトルを「重要なお知らせ」にすること。

1、見てしまいましたか

ぃぇぁ

2、お名前は?

503。

3、それではこれから、あなたに質問していきますのでベスト3を答えて下さい。

どうでもいいけど他サイトの更新つぶさにチェックする人にとって鬼のようなバトンだよねコレ。

4、「好きな教科」

現代文…ジャスティス。
数学…ひらめきを求められる問題が好き。
生物…グロいの大好き。

保健体育って言うと思ったか言わねーよやーいやーいばーかばーか

5、「好きな食べ物」

福神漬…神。
ガリ…世界が認めたキング・オブ・サッパリ感。
柿の種…PCのオトモ。

6、「嫌いな食べ物」

煮物…全世界のおふくろさんごめんなさい。
魚…\よっメタボ/
イカ…お前なんか死んでしまえ。

7、「苦手なもの」

泣き叫ぶガキ…法律に縛られないのなら物理的に黙らせたい。
自分の価値観を世間の価値観だと勘違いした大人…視野狭窄も甚だしい。
「オタク=萌え」という世の中の単純化された図式…カエレ。

8、「得意なもの」

読書…心の栄養。厳しい俗世間に現れた麗しきオアシス。
PCいぢり…得意というか好きというかなんというか。
ゲーム…現代学生の嗜み。

9、「好きな番組」

テレビ見ない。

10、「好きなタレント」

同上。

11、「好きな芸人(コンビ)」

ラーメンズ。理由はお察し。

12、「好きな芸人(ピン)」

正直最近の芸人は何が面白いのかよくわからない。
同じ言葉を連呼するだけならインコにもできる。

13、「好きなアーティスト」

Albatrosicks
ビートまりお
石鹸屋

知ってしまったらもう逃れられない。

14、「好きな異性のタイプ」

長髪黒髪ストレート…手入れ大変だから居ないんだよね。
思慮深い人…メンヘラなくらいが丁度いい。
自分を好きになってくれる人…検索結果:0件

15、「好きな少年マンガ」

鋼の錬金術師…最近いろいろと面白くなってきた感が。
H×H…絵よりストーリーで選ぶタイプなんです。雑だとか気にしない。
BLEACH…刀剣好きです。

16、「好きな少女マンガ」

少女マンガ読んでないからスルー。

17、「〇〇フェチ」





2個しか思いつかなかったからとりあえず埋めてみた。

18、「好きな映画」

映画見ない。

19、ベスト3面倒になりました。

そういう適当さも世の中を生きていく上では重要かもしれないな。

20、普通に質問します。

あいあい

21、好きな服装は?

服にこだわってたら本買えないのでどうでもいい。
強いて言うなら校則に引っ掛からなさそうなくらい華美じゃない服。
というか外出しなくていいのなら俺は寝間着一枚で生きていける。

22、見るならこれ!という体位は?

さりげなく凄いこと聞くなこいつ。
とりあえず今は王制じゃないので退位とかないよね。

23、好きな人とかいる?

イヤマァ

24、その人のイニシャルは?

そういうの軽々と明かせる人って本当に好きな人かなぁとか思ったりする。

25、何部?

知らない。

26、どこすみ?

とりあえず関東だと思うよ。

27、方言ある?

関東圏の方言があるかもしれない。

28、「これやってもらえない?」ってどう言う?

最近人に頼むようなことしないなぁそういえば…。

29、このバトンの感想を

C・H・A・O・S

30、見てしまった人へのコメントをどうぞ

ご愁傷様です。
2008.12.04 Thu l 日常 l COM(2) l top ▲
どうも。こんちわっす。
…。
ああ、そうさ。テスト終わるまで自重しようと思ってたさ。
洗車ネタとか新刊の感想とか、ネタもたくさんあったしな。
テストが終わってからゆっくり書こうと思ってたさ。勿論。
テストも大事だってことはわかってるしな。そうとも。テストは大事だろうよ。
でもさ…でもさぁ…こればっかりはしょうがねぇじゃんか。
だって配信されるんだから。12/20に。皆大好きゼッケン屋が。
ハイコートにヤクプリに境内から落下すまで入ってるときたもんだ。
そりゃ俺だってテンション上がるさ。あまりにテンション上がったからテスト勉強忘れてたさ。
当然それは明日学校でやるさ。それで間に合わせられる。
今の俺にはそれすら可能にさせるテンションという名の力が満ちている。
だから俺はもうテストなんて気にも留めない。
今というこの唯一無二の瞬間を曲紹介に捧げる覚悟ができた。
さぁ、予習しようか…。未来のカラオケで歌うために。

行くぞ皆。せーの…
2008.12.03 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
どうも。
今日は洗車おじさんっていう面白い話があるんですが、正直これから塾なのでもう書いてる時間がありません。
時間計算しない俺オタワ。

つーわけで昨日に引き続き脳内グランドスラムN杯の第2回をお聞きください。
テストが多種多様な意味で終わったら書きます。サイセン。

明日日本史なんだけど、塾から帰ってきたらすぐ寝ないといけないから、
学校での勉強に全てを賭けないといけない予感がするよ!

503「俺…このテストが終わったら…カラオケに行くんだ…。」

死亡フラグを立てたところでさようなら。503でした。
2008.12.01 Mon l 日常 l COM(4) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。