上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こういった場末の大して読者の居ないブログを運営していると有難いことが一つありまして。
何かと言いますとそれはわりあい好き放題ものを言えるということです。
Twitter等と違い、確実に特定の人数に伝わるタイプのサービスではないですし、こういった前置きである程度読者のフィルタリングも行えますしね。
(まあ、Twitterも結局相手が見ているかはわからないわけですから、確実に特定の人数に伝わるといった表現はやや語弊があるわけですが。)

さて、このような無駄極まりない、なんなら(前略)で全て飛ばして道の上から始めてもいいんじゃないかという前置きがあるのは無論読んであまり気分の良くならない話をこれから書こうとしているからでございます。
グロ画像の前に必ずしもグロ注意と書いてあるわけではないのがインターネットですが、
ないよりはあった方がいいのが注意書きの類だとわたくし信じて疑いませんので、このような前置きを作った次第です。
感情的に内容を説明すると、「クラン内で気に食わなかった話」。
冷静に内容を説明すると、「楽しいと勝利は必ずしもイコールではないという話」。
一応冷静に書いているつもりですが、
なにぶん私も至らぬところ多き息を吸って吐くだけのデクノボーでございます故、
諸々感情の混じった話になることが書く前の現在容易に想像がつきます。
どうか平にご容赦を。(あ、これ面白いな、身内ネタだけど…。)
長々とお疲れ様でした。お読みになる方は続きをどうぞ。俺たちの愚痴は始まったばかりだ。
スポンサーサイト
2012.06.08 Fri l 独り言 l COM(5) l top ▲
今日も陰気に ガン無視決めたら
おふとん背負って バリケード
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
ポテチ食ったし バッテリ持ったし

可愛いあの娘は 黒髪ロングで
長めのスカート 平べったい
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
妄想ふくらみ 俺だけしあわせ

ノック聞こえたら がなる母ちゃんに
明日からはと 騙し合い
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
語り合いましょ バリケード越しで

『かあちゃん そんなに心配すんなよ こもりっきりな俺だけどさ
人にはそれぞれ あった道ってもんが あるんだよ
もっとやさしく大きな愛で ひ弱な僕を包んでほしいなァ
なんだよおい こんな昼間からメンテじゃんヨー
しゃーねえ別ゲやるか あれ こっちもじゃない』

狩場に着いたら 装備を付け替え
どや顔状態 ハッピータイム
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
狩りの片手間 フラグを立てて

うっかり召されて デスペナこいたら
さっきのとこまで 猛ダッシュ
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
やっぱり Hiki Komori Rock'n Roll
レア装備ロストで 今日もげんなり


原曲:ツッパリ High School Rock'n Roll/横浜銀蝿
2012.04.30 Mon l 独り言 l COM(0) l top ▲
自分の中の模造品を
ひとつひとつハンマーで叩き割る


幸せというやつは
サラ金にしか置いていないらしい

手に入れれば手に入れるほど
利息が膨れて 身体を蝕む

価値を知らぬ己が悪いのか
価値を決めた世界が悪いのか

それを決めるのは世界なのだから
答えは決まりきっているのだろう


自分だけの夢を
自分だけの希望を
模造品の破片を掻き分けて探す


期待ほど無駄なものはない
裏切られれば何一つ残らないから

失望ほど有意義なものはない
裏切られればきっと何かが残るから


夢と希望を探して
やっと見つけたそれは
ドクドクと脈打つ赤黒い何かの形をしていた


綺麗なものなど
幻想にしかない
店頭に置かれたマネキンを
小一時間眺めてため息を吐く

綺麗なものなど
幻想でしかない
目に穴を開け忘れた面を着けて
今日も私は滑稽に歩く


自分の中の模造品を壊して
破片で手を切りながら探し求め
醜いオブジェを手に入れて
それを片手に生きていく


そんなものを成長と呼ぶのなら
そんなやつを大人と呼ぶのなら
私は大人になどなりたくなかった
もとより望みはしなかったのに


生産ラインに乗せられて
パックに詰めて売られた今
食べられてなくなるだけの未来
ならば私はせめて
この身に宿したひよこが生まれぬように
身を固くしているしかないのだ
2009.06.18 Thu l 独り言 l COM(0) l top ▲
今目の前に転がっているチャンス。



手を伸ばせば将来何の役にも立たないが今の私が満たされるものが手に入る。



手を伸ばさなければ今の私は満たされないが将来役に立つものが手に入る。



さて、あなたならどちらを選びますか?
2009.06.17 Wed l 独り言 l COM(0) l top ▲
多分俺はそれなりを地で行く人生を送るんだろうなぁということ。

それなりに泣いて、
それなりに怒って、
それなりに喜んで、
それなりに笑って。

それなりに辛くて、
それなりに幸せな人生。

他人にとってそれが「華やかな人生」か「惨めな終焉」かは関係ない。

例えばホームレスになったら
日がな一日雀眺めてるだけで幸せな気がするし、
平社員になったら
仕事の合間のコーヒーがやたら美味しくて笑ってる気がするし、
ちょっと偉い地位になったら
部下の成長見て喜んでる気がするし、
万が一社長とかになったら
黒い椅子に座って偉そうにしてる自分に苦笑してそうだし。


大学っていう転換点を前にして、
色々と自分の人生の行先を考えてたら気づいた。

「なんだ、どこ行ってもそれなりに幸せじゃないか」と。

だから大学なんてどうでもいーやーとは言わない。
現実的に考えて高卒では選択肢がえらい狭まるしね。
大学は出たいし、勿論どうせ行くならいいところに行きたい。

でも「いいところ」って何だろう?

就職実績が「いいところ」?
学歴として「いいところ」?
キャンパスの雰囲気が「いいところ」?

結局のところ、それを決めるのは自分なんですよね。
世間でも親でも先生でもない。

人生もそう。
どんな選択も、結局は自分が決めること。
そりゃあ多少なりと運命的なものもあるでしょうが、
自分が選択だと断言できるようなものって自分で決めたことじゃないですか?

だから自分が選択して失敗した理由を他人に押し付ける人は許せない。
誰が何を言ったか知らないけれど、結局決めたのは自分なのだから。

世の中の自分勝手には二種類あると思う。
同じ所は全て自分で決めるところ。
違う所は責任をだれが取るかということ。
自分の人生の選択は自分で選ぶ。その代わり誰にもその責任は負わせない。絶対に。


自分のやりたいようにやる。ただし責任も自分でとる。
でも多分どんな成功をしようと失敗をしようと、なんかそれなりに幸せだと思う。

私の17年という短かった人生の中で見つけ出した暫定の解答がここにある。
まだ解答用紙は手元に残して、まだまだ続く人生の中で少しずつ見直しをしたいと思っている。
2009.06.05 Fri l 独り言 l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。